どのくらい必要?塾に通わせる前に知っておきたいお金の話

授業料ってどんなもんなの?

こればかりは塾や授業形態によって様々ですので、色々な塾を調べてみることをオススメします。当たり前のことですが、授業を取る教科を増やせば増やすほどお金はかかります。大雑把に計算してみましょう。1ヶ月1教科1万円だとして、国語英語数学の3教科の授業を取ったとすれば1ヶ月3万円、1年で26万円とそこそこの出費になります。一番料金が安いのは集団授業の塾で、大体このくらいの額が妥当と言われています。しかし、最近流行りの少人数指導や個別指導となると料金はさらに高くなってきます。できるだけ多くの教科を取りたいし、より学習効果があると言われている少人数指導の塾にしたいと考える方も少なくないと思いますが、授業料だけでもそこそこの出費になりますのでお財布との相談も必要です。

授業料だけじゃない!意外と必要な諸経費

授業料が主な経費となるのは間違いないのですが、その他にも意外とお金がかかります。例えば塾への入会金は一度きりですが、それでも数万円の支払いを要求されることもあります。塾によっては教材の購入を指定されることもありますから教材費もかかります。ただ教材費については授業料のうちに含まれていることもあるでしょう。この他、指定された模試を受けに行く場合当然ながら受験料を支払わなければなりません。塾や試験会場への交通費もかかります。このように挙げ始めると意外ときりがありません。また、何時から何時まで塾に通うのかによりますが「ご飯」をどうするかによってさらに出費は変わってきます。授業が食事時を挟む場合、近くのコンビニに弁当を買いに行ったり外食で済ませに行ったりすることになります。この食費も積もると相当な金額になってきます。このように授業料以外にも様々なところでお金が必要になってきます。