目が行き届く?個別指導のメリット、デメリット

個別指導を受けるメリット

受験をする際、学校以外で勉強をする場として塾を選ぶ人が多いと思いますが、集団ではなく個別指導を受ける場合のメリットとデメリットには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。 まずは個別指導のメリットとして、自分に合ったペースで勉強を進めることが出来るということが挙げられます。得意なところはさっと進み、苦手なところはじっくりと時間をかけることが可能なので、分からないのに勝手に授業が進んでしまうということがないのです。 続いて、個別指導には、受験する学校に合わせた勉強をすることが出来るというメリットもあります。学校によって重視する教科や必要な教科が異なる場合もありますので、非常に合理的だと言えるでしょう。

個別指導を受けるデメリット

しかし、良いところが多いように見える個別指導にも、いくつかのデメリットがあります。
例えば、周りの生徒と比べながら勉強をすることが出来ないので、自分がいまどのくらいの位置にいるのかを、すぐに判別できないという事態が発生してしまいます。全国模試などを受けて初めて自分のレベルを知ることが出来ますので、不便だと言えるでしょう。
また、刺激し合う仲間や切磋琢磨し合うライバルがいない状態で勉強を進めていくことになりますので、闘争心を燃やしたり目標を定めたりすることがしにくくなります。先生が自分に合わせてくれますので、ダラダラと勉強をしてしまう恐れがあるのです。性格にもよりますが、適度に刺激し合うライバルや仲間というのは必要です。